祈りの力。-故・村山聖 九段の命日において

「祈りの力」そして「奇跡」。誰でも奇跡は簡単に起こせる。

今日は少しそのお話。

今日、8月8日は「故・村山聖九段 の命日」

将棋をはじめなければ知り得なかった方で、
病気になりながらも将棋界の一番上、A級にまで昇級された方。
29歳の若さでこの世を去った将棋の天才。

この方のことを知ったのは・・・・

 
とても素敵な出逢いがあったから。

森信雄先生との出逢いがなければ、
興味を持つこともなかった故・村山九段。

私の世界に生きていなかった彼は、
森先生との出逢いによって突然、私の心の中で
ありありと生きはじめた。

もちろん、肉体はない。
すでに他界されている。

でも、出逢えた。その死の何年も先に。
とても不思議なことだと思う。
相手は私のことを知ることはないけれど・・・
相手は私の中に突然生を受けて、たくさんのことを
教えてくれている。

彼からすれば、生きて、たくさんの夢を叶えて
生きたかったんだろうなと、思う。
29歳、まだまだ道半ばでの死。長い闘病生活の先を
彼は何度も祈ったのかもしれない。

ともすれば、彼と、生きている多くの人達の祈りは
「彼が完治して、将棋でも私生活でも夢を叶えること」だったと思う。

たくさんの人の祈りの力で、助かったという体験談もたくさん聞く中で、
その叶えられなかった祈りは「何故」を繰り返される。
どこにその線引があったのかを問われ続ける。問うことで、
亡くなった人との繋がりを、どこかで祈っている。

思い通りの形で、その手段まで思い通りの状態で、
起きることだけが決して「奇跡」なんかじゃない。
もちろんそんな形もありえるけど、それだけではない。

寂しさをおぼえて、悲しくて、泣きたくなる。

でも、それを越えて、語り継いでくれた人のおかげで
私は、村山九段に出逢えたことに心から、
「素敵な奇跡をありがとう」と思いを馳せながら。

私にとっては初めての命日に、彼のご冥福を祈る。

そして、彼を大切に想っている人達が、
今日という日に、彼との想い出や一日の中で
幸せと笑顔が溢れることを、心から祈る。

2014年8月8日

JUGEMテーマ:スピリチュアル


 
            
0
                               
                
     
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    menu_03.gif

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    menu_06.gif

    menu_28.gif

    menu_09.gif

    menu_22.gif

    menu_31.gif

    menu_12.gif

    書いた記事数:1569 最後に更新した日:2017/09/02

    menu_15.gif

    menu_17.gif

    menu_20.gif

    qrcode